失業保険をもらおう

更新日:2016年9月7日

失業保険ってどういうもの?

失業保険とは、正確には「雇用保険の失業給付」といい、会社勤めの人が万が一失業した場合のライフラインとして、再就職するまでの生活費を国が支給するというものです。

失業保険を受けるには手続きが必要です。
ここではその流れについて解説していきます。



まずは受給条件を確認

ライフラインとしての失業保険ですが、人によっては受給できないケースもあります。再就職が決まっていない人を前提にいえば、失業保険を受けるための最大のポイントは、「働く意思と能力」と「雇用保険の加入期間」の2点にあります。


詳しくは「失業保険を受給するための条件」をご参考ください。



手続きをしよう!

失業保険の受給要件を満たしていても、自らが手続きを行わないと給付を受けることはできません。また手続きには「離職票」などの書類が必要になります。離職票は勤務していた会社から退職後に送られてきますので、必ず内容をチェックし間違いないことを確認してから手続きに臨みましょう。


詳しくは「失業保険の手続きの仕方」をご参考ください。



失業保険はどれくらいもらえるの?

失業保険のもらえる金額は、年齢・雇用保険の加入期間・退職理由などで大きく変わります。正確な金額はハローワークが離職票の内容を基に算出し決定しますが、所定の計算式に当てはめれば誰でも簡単にもらえる金額を計算することができます。


詳しくは「失業保険のもらえる金額」をご参考ください。



就職が決まったら再就職手当を申請しよう!

失業保険の受給中に再就職が決まった場合は、もらいきれなかった給付金の一部を再就職手当として受けることができます。ただし、再就職手当をもらうためにも条件が必要になりますので、よく注意して求職活動を行いましょう。


詳しくは「再就職手当とは」をご参考ください。



これだけは知っておきたい失業保険の基礎知識

失業保険をもらうにあたって、これだけは知っておきたいという基礎知識をご案内します。


退職理由で変わる失業保険の金額

特定受給資格者とは?

特定理由離職者とは?

病気で退職した場合の失業保険

失業保険をもらいながらアルバイトをしてもいいの?

失業保険を不正受給した場合の処罰