独立して稼げる資格

更新日:2016年8月9日

独立に必要な資格、平均年収ランキング

※「平成26年賃金構造基本統計調査」より抜粋して掲載しています。

※年齢は対象者の平均年齢です。

1位 医師 1283万円 44歳
2位 弁護士 946万円 36歳
3位 不動産鑑定士 739万円 47歳
4位 公認会計士 688万円 38歳
5位 一級建築士 651万円 49歳
6位 歯科医師 649万円 36歳
7位 システム・エンジニア 537万円 36歳
8位 薬剤師 537万円 39歳
9位 獣医師 525万円 36歳
10位 社会保険労務士 477万円 37歳
11位 測量技術者 449万円 45歳


結果をみると、やはり強いのが医師と弁護士。受験難易度が高い分、収入も高くなるようです。


続いて健闘しているのが、不動産鑑定士と公認会計士。こちらも受験難易度としては決して低くはありませんが、計画的に勉強すれば独学でも合格できる資格として人気を得ています。


また、ここにはでてきませんが、行政書士、ファイナンシャルプランナーなども、公認会計士に並ぶ独立アイテムとしての資格ということで、取得を目指す人が多いようです。