厚生年金の被扶養者になる

更新日:2017年3月14日

条件を満たすのであれば扶養になるのが一番

会社を退職し、社会保険の厚生年金を脱退した場合は、通常は次の職場で新たに厚生年金に加入するまでの間、国民年金に種別変更するのが一般的ですが、もしあなたに、社会保険に加入してる配偶者がいる場合は、厚生年金の被扶養者になることができます。

厚生年金の被扶養者になることで、年金保険料を支払うことなく、年金制度に加入することができますので、条件さえ満たすのであれば、絶対に被扶養者になるべきです。



被扶養者になるための条件

被扶養者の範囲

厚生年金、共済組合に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者

収入の制限

年収が130万円未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)
※ 失業給付金も収入として見なされ、基本手当日額が3,612円以上あると年収130万円を超えます



厚生年金の被扶養者になるための手続き

手続き方法

配偶者の勤め先に、「社会保険の扶養の追加をお願いします。」と言えば、後は会社が行ってくれるはずです。基本的に、社会保険の扶養追加手続きは会社が行うことになっています。