履歴書・経歴書の書き方

更新日:2016年8月9日

「空気を読む」履歴書・経歴書の書き方とは・・・?

書類審査や面接では欠かせない履歴書と経歴書。形にこだわるあまり、ノウハウ本通りの履歴書になっていませんか?また、自分のキャリアをアピールするあまり、ただの自慢話になっていませんか?

当サイトの「面接マニュアル」でもお話ししましたが、企業が人材を採用するには「目的」があります。


どんなにきれいな履歴書を作っても、どんなに素晴らしいキャリアを羅列した経歴書を作っても、企業の「目的」と合致しなければ意味をなしません。延々と書きつづられた経歴書は、不愉快にさえ感じられます。


企業の「目的」を熟慮せず、自分のアピールに終始しているようでは、社会人として「空気が読めない人」と思われても仕方ありません。


履歴書・経歴書を書く前に、まずは企業を良く知ることから始めて下さい。どのような産業で、どのような実績や歴史があり、今後どのような発展を目指しているのか。


企業の概要がつかめれば、その企業が「どんな目的」で採用を行っているのかが見えてくるはずです。


あとは、その「目的」に応え得る、あなたのキャリア・スキルを端的に明示するだけのことです。


経歴書を書くとき、あるだけのアピールを書くのはよして下さい。文字数の多い経歴書ほど、中身が薄いものです。あくまでも、「企業が求めているリソースを端的に明示する。」ということを肝に銘じて下さい。


DODAの履歴書講座では履歴書・経歴書の書き方について詳しく解説しています。参考にしてみてください。